容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 材料リサイクル
読み ざいりょうりさいくる

再商品化手法の分類の一つ。下記の例のように、容器包装廃棄物を、製品の原材料として利用するものに再生加工する手法。
例えば、

  • ガラスびんをカレットにする
  • PETボトルを繊維の原料にする
  • 紙を製紙の原料にする
  • プラスチックを再びプラスチック原料にする

などがある。
マテリアルリサイクルと呼ばれることもある。

<関連用語>
「ケミカルリサイクル」

<参考>
「材料リサイクルの流れ(例)」

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP