容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 舗装用骨材
読み ほそうようこつざい

「ガラスびんの再商品化製品であるカレットを利用・加工して生成される製品の一つ。
「骨材」とは、コンクリートやモルタルを造るときに、セメントと水と一緒に混ぜる砂や砂利のことで、アスファルト舗装では、10~20%まで、砂や砂利をカレットに置き換えることができる。また、エポキシ樹脂を混合して利用するカラー舗装は、ガラスの色調を生かした景観を演出することができる。

<参考>
ガラスびん用途分野

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP