容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 カレット(化)
読み かれっと(か)

カレットとは、ガラスびんを、ラベルや異物を取り除いて色分別し、原料用に細かく砕いたもの。カレット化はガラスびんをカレットの状態にすること。ガラスびんの再商品化手法である。ガラスびんや断熱材等の原料、ガラス砂として路盤材などとして使う。
(英語:cullet)

<参考>
ガラスびん用途分野

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP