容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 再商品化義務
読み さいしょうひんかぎむ

容器包装リサイクル法に基づく、事業者に課せられたリサイクル(再商品化)義務のこと。
ガラスびん、PETボトル、紙製容器包装、プラスチック製容器包装を利用又は製造・輸入した特定事業者は、それらの容器や包装を再商品化(リサイクル)する義務を負う。
該当する特定事業者が義務を果たすには、「自主回収ルート」、「指定法人ルート」、「独自ルート」の3つの方法がある。

<参考>
・特定事業者の義務

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP