容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 古紙破砕解繊物
読み こしはさいかいせんぶつ

紙製容器包装の材料リサイクルによる再商品化製品の一つ。古紙を細かく裁断した後、繊維をほぐしたもので、吸水性や通気性に優れていることから、家畜用敷料等として利用されることが多い。その他、吸水材、吸油材、覆土代替材、汚泥脱水材、舗装用アスファルト助剤など、さまざまな用途がある。

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP