容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 事業系比率
読み じぎょうけいひりつ

事業系ごみになる比率を想定したもの。
「事業活動により費消した容器包装の量(自主回収分での重複分を除く)(d)」を「販売する商品に用いる又は製造等する容器包装の量(a+b+c+d)」から「自ら又は他者への委託により回収する容器包装の量(b+c)」を引いた値(a+d)で除した結果に100をかけて算出される比率。
再商品化義務量算定の際に「事業活動に費消した容器包装の量」の把握ができず、簡易算定方式にて算出を行う際に(100-事業系比率)として用いる。 

事業系比率

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP