容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 再商品化製品
読み さいしょうひんかせいひん

市町村により分別収集された分別基準適合物を再商品化したもの。主務省庁が定めた再商品化手法により製造される。
ガラスの場合は「カレット」、PETボトルの場合、「フレーク」や「ペレット」などをさす。

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP