容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 特定容器比率
読み とくていようきひりつ

容器包装リサイクル法では「容器」と「包装」を区別している。
容器包装全体のうち、「容器」が占める割合のこと。
なお、特定容器と特定包装とでは再商品化義務者の範囲が異なり(包装については製造事業者に再商品化義務はない)、義務量の算定方法が異なるため必要となる。

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP