再商品化製品 利用製品

  •  

紙製容器包装のリサイクルのゆくえメニューリサイクルのゆくえ リサイクル製品の原材料等(再商品化製品)

紙製容器包装 リサイクルの原材料等(再商品化製品) 写真

異物を取り除いたりする工程(選別)を経て、製紙原料に適すると判断されるものです。
 
選別を経て、製紙原料に適さないと判断されたものです。製紙原料などの材料リサイクルと組み合わせる場合にのみ、紙と廃プラスチックを原料とした固形燃料へ再生することが認められています。 異物を取り除いたりする工程(選別)を経て、古紙を細かく裁断した後、繊維をほぐしたものです。吸水性や通気性にすぐれていることから、家畜用敷料等として利用されます。
製紙原料
製紙原料
固形燃料
固形燃料
古紙破砕解繊物
古紙破砕解繊物

紙製容器包装 リサイクル製品の原材料等(再商品化製品)・リサイクル製品(再商品化製品利用製品) 内訳

リサイクル製品の原材料等
(再商品化製品)
リサイクル製品
(再商品化製品利用製品)
平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
販売量
(トン)
販売量
(トン)
販売量
(トン)
販売量
(トン)
販売量
(トン)
製紙原料 段ボール・板紙など 24,571 94.5 23,476 94.2 22,355 93.3 21,145 93.2 20,642 93.6
固形燃料等 固形燃料 1,182 4.5 1,423 5.7 1,417 5.9 1,359 6.0 1,254 5.7
古紙破砕解繊物 家畜用敷料 241 0.9 14 0.1 190 0.8 172 0.8 159 0.7%
合計   25,995 100 24,913 100 23,962 100 22,676 100 22,055 100

平成25年度

(H27年4月よりH28年6月までの販売実績)

ページの先頭へ戻る

紙製容器包装 リサイクル製品(再商品化製品利用製品)写真

段ボール・板紙など

紙製容器包装を原料としてつくられる紙は、板紙、段ボールの中芯などであり、製紙メーカーの板紙工場等で使用される。

段ボールの中芯
段ボールの中芯

固形燃料

紙製容器包装からつくられる固形燃料は、RPF(Refuse Paper Plastic Fuel)とフラフである。両燃料については、古紙と廃プラスチックを原料とした固形燃料で、石炭の代替材料として主に製紙メーカー、セメント会社等で利用されている。

RPF
RPF
フラフ
フラフ

家畜用敷料

吸水性や通気性に優れていることから、家畜用敷料(敷きわら)として利用される。

家畜用敷料(敷きわら)
家畜用敷料(敷きわら)
家畜用敷料の利用例
家畜用敷料の利用例

PAGE TOP