容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 バイオマスプラスチック
読み ばいおますぷらすちっく

「原料として(例えば植物などの)再生可能な有機資源由来の物質を含み、化学的又は生物学的に合成することにより得られる高分子材料」(日本バイオプラスチック協会(JBPA))

なお、容器包装リサイクル法上では、生分解性を有するか、バイオマス由来か、でんぷん由来か、等に関係なく、『高分子を必須成分として含み、加工時に流動性を利用して賦形、製品化する材料』であれば、「プラスチック」に該当する。

当該容器包装を構成する素材のうち、プラスチックが重量ベースでもっとも主要なものである場合、「プラスチック製容器包装」に分類される。

<具体例>

  • 全体重量が100gの容器包装においてプラスチック部分が60g、紙部分が40gの複合素材(分離不可能)の場合、当該容器包装は重量が100gのプラスチック製容器包装とする。
  • 全体重量が100gの容器包装においてプラスチック部分が30g、紙部分が40g、その他の素材部分が30gの複合素材(分離不可能)の場合、当該容器包装は重量が100gの紙製容器包装とする。

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP