容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 固形燃料(化)
読み こけいねんりょう(か)

紙製容器包装およびプラスチック製容器包装の再商品化手法の一つ。

紙製容器包装については、製紙原料ならびに材料リサイクルと組み合わせる場合にのみ、紙と廃プラスチックを原料とした固形燃料RPF(Refused Paper Plastic Fuel)へ再生することが認められている。
また、プラスチック製容器包装については、平成19年度以降、円滑な再商品化の実施に支障をきたす場合には、固形燃料化等が緊急避難的・補完的に認められることとなった。

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP