リサイクル方法(再商品化手法) プラスチック製容器包装

  •  

プラスチック製容器包装 リサイクルのゆくえメニューリサイクルのゆくえ リサイクル方法(再商品化手法) リサイクル製品の原材料等(再商品化製品) リサイクル製品(再商品化製品利用製品) 残さ処理方法 環境負荷削減効果

プラスチック製容器包装 リサイクル方法(再商品化手法)

リサイクル方法(再商品化手法) 定義
材料リサイクル 異物を除去、洗浄、破砕その他の処理をし、ペレット等のプラスチック原料を得る
ケミカル
リサイクル
油化 異物の除去、破砕、脱塩素、熱分解、精製その他の処理をし、炭化水素油を得る
高炉還元剤化 異物の除去、破砕、塩ビ除去、検査、分級その他の処理をし、高炉で用いる還元剤を得る
コークス炉化学原料化 異物の除去、破砕、塩ビ除去、検査、分級その他の処理をし、コークス炉で用いる原料炭の代替物を得る
ガス化 異物の除去、破砕、熱分解、改質、精製その他の処理をし、水素および一酸化炭素を主成分とするガスを得る
固形燃料等 塩ビ除去後、固形燃料等の燃料を得る

※ 別ウインドウが開きます。(外部サイト:プラスチック循環利用協会 プラスチック図書館)

プラスチック製容器包装 リサイクル方法(再商品化手法)別落札量構成比の推移

当協会は、一般競争入札で選定した再商品化事業者に実際の再商品化業務を委託します。 このグラフは、再商品化(リサイクル)手法別の落札量構成比と、「材料リサイクル」「ケミカルリサイクル」それぞれの落札単価の推移を示しています。

グラフ:プラスチック製容器包装の再商品化手法別落札量構成比の推移

 

関連リンク

PAGE TOP