容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 再商品化計画・再商品化計画量
読み さいしょうひんかけいかく・さいしょうひんかけいかくりょう

各年度において再商品化できる量の見込みのこと。
国内で当該年度に再商品化が可能と考えられる施設における設備能力の総量をもとに、主務省庁が3年ごとに5ヵ年を一期とする計画(再商品化計画)を定める。

再商品化可能量あるいは再商品化見込量とも呼ばれている。

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP