容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 再商品化合理化拠出金
読み さいしょうひんかごうりかきょしゅつきん

容器包装リサイクル法(H18年6月改正公布)で設けられた制度による市町村への拠出金。

この制度に基づき、事業者や市町村、消費者が連携して、社会全体としてリサイクル(再商品化)の合理化・効率化に取り組み、効率化がはかられた場合は、その成果を事業者から市町村に拠出する。

具体的には、リサイクル(再商品化)に実際にかかった費用(「現に要した費用」)が、あらかじめかかるであろうと想定されていた額(「想定額」)を下回った場合に、その差額の1/2を、事業者側から市町村側に拠出する。

<参考>
市町村への資金拠出制度について

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP