プラスチック製容器包装

  •  

平成30年9月18日更新

再商品化製品販売実績内訳 平成30年度 プラスチック製容器包装

1.引き取り形態別

2.再商品化手法別 (白色トレイを除く)

 
再商品化手法 4月 5月 6月 7月 8月 9月 半期累計
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同期比
(%)
手法別
比率(%)
合計 37,717 103.4 39,225 102.5 36,258 98.4 33,512 91.6 36,158 105.6     182,870 100.2 100.0

材料リサイクル 13,251 95.6 14,902 111.2 15,062 105.5 14,729 111.3 14,526 112.2     72,469 107.0 39.6
高炉還元 2,255 100.8 2,316 103.5 2,227 110.0 1,884 81.2 2,618 116.3     11,301 102.1 6.2
コークス炉 16,051 108.7 15,648 93.6 14,772 97.0 13,722 81.1 15,058 104.3     75,251 96.4 41.1
ガス化 6,161 110.0 6,359 107.3 4,196 79.0 3,177 77.3 3,956 85.6     23,849 93.3 13.0
再商品化手法 10月 11月 12月 1月 2月 3月 年間累計
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同期比
(%)
手法別
比率(%)
合計                              

材料リサイクル                              
高炉還元                              
コークス炉                              
ガス化                              

※ トン以下は四捨五入しているため合計値が合わない場合がある。※ トレイは全てトレイの原料として利用。

 
 

PAGE TOP