容リ法百科事典詳細

  •  
用語名 拠出委託単価
読み きょしゅついたくたんか

容器包装リサイクル法(H18年6月改正公布)で設けられた制度による市町村への拠出金をまかなうために、再商品化義務のある特定事業者が当協会に支払う拠出委託料の単価。毎年、当協会が算出し、国(主務大臣)の承認を得て決定される。再商品化実施委託料支払年度の翌年度の7月に、見込の委託料として支払う際の単価。

当該年度分として見込まれる、市町村への合理化拠出金の総額を、当該年度に見込まれる申込の数量で割り、消費税相当分の1.08を乗じて算出する。

なお、当該年度に市町村より引き取った分別基準適合物の再商品化期間(次年度6月末)終了後に、再商品化に実際にかかった費用(再商品化事業者への支払分。協会経費・市町村負担分を除く)を算出し、次年度7月に、「想定額」との差額の1/2分として市町村への拠出金額が確定する。その拠出金額と特定事業者が負担した拠出委託料(金)の総額との間に生じる過不足について精算を行う。(次々年度7月)

拠出委託単価の計算方法

<参考>
・データ集:「委託単価」

容リ法百科事典一覧へ

キーワード検索

検索

PAGE TOP