平成29年度 落札結果

  •  
平成29年4月7日
 
平成29年3月31日をもって、再生処理事業者との契約が完了し、落札結果も確定いたしましたので、平成29年度落札状況を下記のとおりお知らせします。
地域別・品目別の個別結果については「平成29年度 落札結果一覧表」をご参照ください。
※PETボトルについては、平成29年度上期の落札結果を表示し、平成28年度上期分との増減を比較しています。
※平成29年3月31日時点の落札結果の概要、落札単価(加重平均)、再商品化手法別契約量と構成比、事業者ごとの落札数量(総量)などを掲載しています。
※落札単価、総額の金額はすべて消費税抜きで表示しています。各表の合計値は四捨五入しているため合わない場合があります。


1. 市町村指定保管施設からの引取予定
  指定保管施設数 引取申込量(トン)
平成29年度 平成28年度 増減 平成29年度 平成28年度 増減
ガラスびん 無色 666 669 -3 112,521 114,509 -1988
茶色 704 708 -4 118,915 123,586 -4671
その他の色 880 887 -7 134,426 133,048 1378
PETボトル(上期) 875 871 4 108,881 108,289 592
紙製容器包装 110 109 1 22,236 22,865 -629
プラスチック製容器包装 828 827 1 665,291 667,468 -2177

2. 再生処理事業者の登録申請、登録、契約概況
  登録申請社数 登録社数 落札・契約社数
平成29年度 平成28年度 増減 平成29年度 平成28年度 増減 平成29年度 平成28年度 増減
ガラスびん 58 61 -3 58 60 -2 51 56 -5
PETボトル(上期) 53 57 -4 52 52 0 46 47 -1
紙製容器包装 57 58 -1 57 58 -1 48 46 2
プラスチック製容器包装 57 62 -5 57 62 -5 46 52 -6
      
3. 入札倍率(札数ベース)
  平成29年度 平成28年度 増減
ガラスびん 合計 1.7 1.7 0
 ・無色 1.4 1.4 0
 ・茶色 1.4 1.5 -0.1
 ・その他の色 2.1 2.2 -0.1
PETボトル 8.5 8.4 0.1
紙製容器包装 2.7 2.8 -0.1
プラスチック製容器包装 5.7 7.1 -1.4
               
4.落札単価(加重平均)(消費税抜き)
 単位:円/トン
  平成29年度 平成28年度 増減
ガラスびん 合計 6,141 6,026 115
 ・無色 4,680 4,648 32
 ・茶色 5,262 5,189 73
 ・その他の色 8,142 7,988 154
PETボトル -41,843 -20,385 -21,458
紙製容器包装 -9,659 -8,706 -953
プラスチック製容器包装 合計(白色トレイ含む) 50,105 46,059 4,046
 ◆プラスチック 合計(白色トレイ除く) 50,106 46,061 4,045
  ●材料リサイクル 54,897 50,652 4,245
  ●ケミカルリサイクル 合計 45,210 41,326 3,884
   ・高炉還元剤化 39,325 38,656 669
   ・コークス炉化学原料化 49,659 43,374 6,285
   ・合成ガス化 35,453 36,757 -1,304
 ◆白色トレイ 48,243 43,388 4,855
※PETボトル・紙製容器包装の落札価格の「-」表示は、有償(再商品化事業者から容リ協会への支払)を意味します。上表では逆有償分も含めた加重平均単価を表示しています。
※白色トレイ: 食品用白色発泡性スチロールトレイ
 
PETボトルの落札単価<加重平均>、市町村分別収集実績量、協会引取実績量の推移

グラフ:PETボトルの落札単価<加重平均>、市町村分別収集実績量、協会引取実績量の推移

 
5. PETボトル・紙製容器包装の有償および逆有償落札状況
 (1)PETボトル(上期)
  有償分 逆有償分
平成29年度 上期 平成28年度 上期 増減 平成29年度 上期 平成28年度 上期 増減
落札単価 (円/トン) -43,003 -22,384 -20,619 82,275 20,071 62,204
落札量 (トン) 107,873 103,190 4,683 1,008 5,099 -4,091
構成比 (%) 99.1 95.3 3.8 0.9 4.7 -3.8
落札総額 (百万円) -4,639 -2,310 -2,329 83 102 -19

(2)紙製容器包装
  有償分 逆有償分
平成29年度  平成28年度  増減 平成29年度  平成28年度  増減
落札単価 (円/トン) -12,495 -11,451 -1,044 5,663 5,676 -13
落札量 (トン) 18,763 19,200 -437 3,473 3,665 -192
構成比 (%) 84.4 84.0 0 15.6 16 0
落札総額 (百万円) -234 -220 -14 20 21 -1

6. 再商品化手法別契約量と構成比
  平成29年度 平成28年度 増減
契約量(トン) 構成比(%) 契約量(トン) 構成比(%) (ポイント)
ガラスびん 合計 365,862 371,143
 ●無色 112,521 114,509
  ・びん原料 109,772 97.6% 111,498 97.4% 0.2%
  ・その他原材料 2,749 2.4% 3,011 2.6% -0.2%
 ●茶色 118,915 123,586
  ・びん原料 117,889 99.1% 122,855 99.4% -0.3%
  ・その他原材料 1,026 0.9% 731 0.6% 0.3%
 ●その他の色 134,426 133,048
  ・びん原料 37,502 27.9% 38,102 28.6% -0.7%
  ・その他原材料 96,924 72.1% 94,946 71.4% 0.7%
PETボトル 108,881 108,289 -
 ●フレーク・ペレット 108,881 100.0% 103,668 95.7% 4.3%
 ●ポリエステル原料 0 0.0% 4,621 4.3% -4.3%
紙製容器包装  (注) 22,236 22,865
プラスチック製容器包装 合計(白色トライ含む) 665,291 667,468
 ●プラスチック 合計(白色トレイ除く) 664,821 100.0% 666,960 100.0%
  ・材料リサイクル 335,518 50.5% 338,659 50.8% -0.2%
  ・高炉還元剤化 36,300 5.5% 36,296 5.4% 0.0%
  ・コークス炉化学原料化 216,440 32.6% 216,295 32.4% 0.1%
  ・合成ガス化 76,563 11.5% 75,710 11.4% 0.2%
 ●白色トレイ 470 508
(注) 紙製容器包装について
 市町村から引き取った紙製容器包装はその品質に応じて、製紙原料化、製紙原料以外の材料リサイクル化、固形燃料化する。手法の組み合わせにより再商品化を行うので、契約時では再商品化手法別の内訳を示すことはできません。なお、平成27年度の再商品化手法別の内は、製紙原料93.6%、敷料化(材料リサイクル)0.7%、固形燃料化5.7%でした。
 
プラスチック製容器包装の再商品化手法別落札量構成比の推移

グラフ:プラスチック製容器包装の再商品化手法別落札量構成比の推移

7.再商品化事業者ごとの落札数量リスト
素材ごとに再商品化事業者ごとの落札数量をPDFファイルにまとめました。確認したい素材をクリックしてください。

ガラスびん(無色) / ガラスびん(茶色)  / ガラスびん(その他の色) / PETボトル(上期分) / 
PETボトル(下期分) / 紙製容器包装   プラスチック製容器包装  /  白色トレイ
以上

PAGE TOP