H1

プラスチック製容器包装

再商品化月次実績報告(プラスチック製容器包装)

令和元年11月19日更新

再商品化製品販売実績内訳 令和元(平成31)年度 プラスチック製容器包装

 

1.引き取り形態別

再商品化手法 4月 5月 6月 7月 8月 9月 半期累計
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同期比
(%)
手法別
比率(%)
合計 38,187 101.2 37,818 96.3 37,332 102.9 38,645 115.2 36,217 100.1 34,773 110.0 222,972 103.9 100.0

トレイ 27 95.2 26 89.9 32 107.5 28 99.3 24 101.6 25 91.4 162 97.4 0.1
プラスチック 38,160 101.2 37,791 96.3 37,301 102.9 38,616 115.2 36,193 100.1 34,748 110.0 222,810 103.9 99.9
再商品化手法 10月 11月 12月 1月 2月 3月 年間累計
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同期比
(%)
手法別
比率(%)
合計 36,254 107.2                          

トレイ 28 99.0                          
プラスチック 36,225 107.2                          

 

 

2.再商品化手法別 (白色トレイを除く)

 
再商品化手法 4月 5月 6月 7月 8月 9月 半期累計
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同期比
(%)
手法別
比率(%)
合計 38,160 101.2 37,791 96.3 37,301 102.9 38,616 115.2 36,193 100.1 34,748 110.0 222,810 103.9 100.0

材料リサイクル 14,572 110.0 15,492 104.0 14,280 94.8 15,260 103.6 13,710 94.4 13,789 93.3 87,103 99.8 39.1
高炉還元 2,513 111.4 2,053 88.6 2,049 92.0 2,330 123.7 2,449 93.5 2,055 103.7 13,449 101.3 6.0
コークス炉 16,219 101.0 15,210 97.2 16,766 113.5 15,937 116.1 15,885 105.5 15,423 127.6 95,439 109.3 42.8
ガス化 4,856 78.8 5,036 79.2 4,206 100.2 5,090 160.2 4,149 104.9 3,482 126.2 26,819 100.8 12.0
再商品化手法 10月 11月 12月 1月 2月 3月 年間累計
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同月比
(%)
販売量
(トン)
前年
同期比
(%)
手法別
比率(%)
合計 36,225 107.2                          

材料リサイクル 14,449 91.2                          
高炉還元 1,978 72.0                          
コークス炉 16,632 134.8                          
ガス化 3,166 110.6                          
 

※ トン以下は四捨五入しているため合計値が合わない場合がある。※ トレイは全てトレイの原料として利用。

 
 
SEOMenuV2
【参】サイドバナー(リサイクル事業)