H1

プラスチックのくず(廃プラスチック)、古紙、ガラスびん等の輸出統計

プラスチックの手法別見込費用推移
ページ更新日 令和4年11月4日
 
トピックス【2022年9月分 コメント】
〇プラスチックくず
【前月比】
8月までは数量、金額ともほぼ横ばいから減少に傾いたが、9月は数量で105.0%、金額は103.8%と微増。
【前年同月比】
数量では79.7%と約2割の減少に対し、金額では104.2%と増加。この数量と金額の増減ギャップなどから、輸出単価は68.4円/kgで1年前(52.3円)と比べると130.8%と大幅増。
【前年同期比(1-9月累計)】
数量では93.2%、金額では123.3%。輸出単価は66.2円と、前年同期から132.4%と大幅に上昇。昨年からの輸出単価の継続的な上昇傾向が窺える。
 
数量が3月以降、7ヵ月連続で前年同月を下回っている一方、金額は1月から9ヵ月連続で前年同月を上回っている。
国別では、9ヵ月いずれもマレーシアが最多(9月数量14,045トン、金額895,333千円)であるが、数量については、ベトナムがマレーシアに近づきつつある(9月数量12,506トン、金額は744,363千円)。なお、金額に関しては、台湾がベトナムを僅かに上回っている。(9月数量8,628トン、金額は747,383千円)

〇PETフレーク
【前月比】
数量で88.0%、金額で85.2%といずれも減少。
【前年同月比】
数量では57.3%と大幅な減少、金額でも87.7%と減少。
【前年同期比(1-9月累計)】
数量では81.4%と2割弱の減少に対し、金額では123.4%と2割強の増加。
 
5月以降、数量、金額とも増加傾向が続いていたが、8月以降いずれも2カ月連続で減少傾向に転じた。

〇PETその他
【前月比】
数量で110.2%、金額で117.5%といずれも増加。
【前年同月比】
数量では117.4%、金額では172.1%といずれも増加。
【前年同期比(1-9月累計)】
数量では85.1%に対し、金額では113.2%と増加。
 
3月に数量、金額とも急増した後、5月に減少した以外は高水準で推移している。8月に数量、金額ともやや減少したものの、9月に再び増加に転じた。
3月以降ベトナムが最多輸出先(9月数量1,367トン、金額65,038千円)であり、マレーシアが2番目(9月数量479トン、金額23,939千円)となっている。

〇古紙
【前月比】
数量で82.1%、金額で77.5%といずれも減少。
【前年同月比】
数量では58.3%、金額では64.9%といずれも減少幅は大。
【前年同期比(1-9月累計)】
数量では77.6%と約2割強の減少に対し、金額では101.3%と微増。
 
1-7月全ての月で、金額が前年同月を上回っていたが、8月になって下回り、9月はさらに減少幅が拡大した。
5月まで最多輸出先であったベトナムを6—7月は台湾が上回っていたが、8月から再びベトナムが数量、金額とも最多輸出先となった。
輸出単価については、本年2月に1月と同額(26.8円/kg)であったのを除けば、2020年1月以来、2年6ヵ月連続で増加し続けていたが、9月は8月と同価格の29.6円/kgとなった。

〇ガラスびん等
【前月比】
数量で138.7%、金額で107.1%といずれも増加。
【前年同月比】
数量では261.3%と大幅増、金額も121.1%と増加。
【前年同期比(1-9月累計)】
数量では65.4%と約3.5割の減少、金額でも79.5%と約2割の減少。
8、9月は数量、金額とも前年同月より大幅に増えているものの、7月以前の減少が響いており、1-9月の累計はいずれも大きなマイナスを回復するには至っていない。
 
 
数量に関して、6月に前月比2.9倍(675トン)と大幅に増加し微減と微増が続いていた中国が、9月は再び前月の2倍近くまで増加(816トン)。
また、3月に前月比約6倍(197トン)と急増したアメリカ合衆国は、8月に続き増加し9月は数量において第3位になっている。(241トン)。
 
以上
 

プラスチックのくず(廃プラスチック)輸出統計

プラスチックのくず

 

 

PETフレーク

 

PETその他

 
 

古紙の輸出統計

 

ガラスびん等の輸出統計

 

○ 上記のデータは、財務省のホームページに毎月公表される貿易統計情報を基に、容リ協で作成したプラスチックのくず、および古紙の輸出統計を掲載しております。

「プラスチックのくず」(※1)は HSコード3915、「古紙」(※2)は HSコード4707、「ガラスびん等」(※3)は HSコード7010 に該当するものを対象としています。
また、HSコードとは、「商品の名称及び分類についての統一システム(Harmonized Commodity Description and Coding System)に関する国際条約(HS条約)」に基づき定められた輸出入統計品目番号です。

    ※1 プラスチックくず(HS3915)の分類について 
    ※2 古紙(HS4707)の分類について
    ※3 ガラスびん等(HS7010)の分類について
    データ元:財務省貿易統計 普通貿易統計 http://www.customs.go.jp/toukei/info/tsdl.htm

 

 
SEOMenuV2
【参】サイドバナー(リサイクル事業)