H1

再商品化製品

ガラスびん リサイクル製品の原材料等(再商品化製品)

ガラスびんのリサイクルのゆくえメニューリサイクルのゆくえ リサイクル製品の原材料等(再商品化製品) リサイクル製品(再商品化製品利用製品)

ガラスびん リサイクル製品の原材料等(再商品化製品) 写真

「カレット」は、ガラスびんを原料用に細かく砕いたもので、リサイクル製品の原材料等(再商品化製品)の100%を占めます。「カレット化」はラベルや異物を取り除いて色分別したカレットの状態にするガラスびんのリサイクル手法です。

カレット
カレット(化)

ガラスびん リサイクル製品の原材料等(再商品化製品) 内訳

リサイクル製品の原材料等
(再商品化製品)
平成26年度販売量(トン) 平成27年度販売量(トン) 平成28年度販売量(トン) 平成29年度販売量(トン) 平成30年度販売量(トン) 令和元年度販売量(トン)
カレット(無色) 102,866 105,714 102,669 98,736 97,097 92,478
カレット(茶色) 112,125 111,522 107,152 101,967 97,728 95,272
カレット(その他の色) 123,258 127,683 128,385 126,202 124,495 124,122
カレット(合計) 338,249 344,919 338,206 326,905 319,320 311,872


※ガラスびんは全てカレット化されます。

カレット(合計)

令和元年度 カレット(合計)

(H31年4月よりR2年6月までの販売実績)

SEOMenuV2
【参】サイドバナー(リサイクル事業)