紙製容器包装

  •  

平成29年5月

再商品化義務総量=(分別収集計画量または再商品化可能量のうちいずれか少ない方)×特定事業者責任比率
分別収集計画量、再商品化可能量、特定事業者責任比率、再商品化義務総量は、国の発表数値による。

紙製容器包装

  12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度 20年度 21年度
分別収集計画量(トン) 87,000 120,000 153,000 148,000 165,000 190,000 155,000 167,000 146,000 153,000
再商品化可能量(トン) 66,000 133,000 133,000 313,000 505,000 505,000 468,000 468,000 356,000 356,000
特定事業者責任比率(%) 94% 93% 93% 92% 92% 93% 96% 98% 96% 94%
再商品化義務総量(トン) 62,040 111,600 123,690 65,320 72,680 89,280 56,640 62,720 31,680 32,900
協会の引取契約量(トン) 17,859 25,114 28,779 34,776 35,658 36,645 36,497 34,168 27,957 28,386
協会の引取実績量(トン) 11,243 21,685 24,687 30,652 28,111 27,477 28,618 27,860 26,814 25,554
再商品化製品販売量(トン) 10,230 20,793 24,358 29,881 27,163 26,471 28,093 27,083 26,660 24,702
  22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度 29年度 30年度 31年度
分別収集計画量(トン) 161,000 128,000 130,000 133,000 132,000 136,000 136,000 112,000    
再商品化可能量(トン) 356,000 339,000 339,000 339,000 253,000 253,000 253,000 259,000    
特定事業者責任比率(%) 96% 98% 99% 99% 97% 97% 99% 99%    
再商品化義務総量(トン) 35,520 37,240 37,620 38,610 32,980 34,920 35,640 30,690    
協会の引取契約量(トン) 32,348 28,761 27,421 26,186 24,716 24,066 22,865      
協会の引取実績量(トン) 28,410 26,895 25,581 24,753 23,278 22,660 22,195      
再商品化製品販売量(トン) 27,297 25,925 24,403 24,715 22,830 22,161 21,619      

※ 平成19~27年度の紙製容器包装については、分別収集計画量から、環境省が調査した市町村独自処理分(19年度:103千トン、20年度:113千トン、21年度:118千トン、22年度:124千トン、23年度:90千トン、24年度:92千トン、25年度:94千トン、26年度:98千トン、27年度:100千トン)を差し引いた量に特定事業者責任比率をかけたものが再商品化義務量となる

PAGE TOP