平成22年度 落札結果

  •  

平成22年4月7日

当協会は毎年度、リサイクル事業(再商品化事業)を、再商品化事業者に委託します。再商品化事業者は、市町村が管理する指定保管施設ごとに、一般競争入札によって決定されます。

再商品化事業者 落札状況

落札結果一覧表(地域別・品目別)はこちら

落札結果の概況、入札倍率、落札単価(加重平均)、再商品化手法別契約量と構成比、再商品化事業者ごとの落札数量(総量)などを、下記にお知らせします。

1. 指定保管施設からの引取予定概況

  指定保管施設数 引取申込量(トン)
H21年度 H22年度 増減 H21年度 H22年度 増減
ガラスびん 無色 648 640 ▲8 108,086 112,113 4,027
茶色 690 675 ▲15 124,710 127,573 2,863
その他の色 867 857 ▲10 116,257 116,894 637
PETボトル 880 878 ▲2 203,508 201,330 ▲2,178
紙製容器包装 105 113 8 28,386 32,348 3,962
プラスチック製容器包装 808 821 13 680,020 673,149 ▲6,871

2. 落札にいたる再生処理事業者の登録申込、登録、契約概況

(社)

  登録申込社数 登録社数 契約社数
H21年度 H22年度 増減 H21年度 H22年度 増減 H21年度 H22年度 増減
ガラスびん 79 72 ▲7 78 72 ▲6 67 62 ▲5
PETボトル 65 70 5 60 61 1 51 52 1
紙製容器包装 71 72 1 63 67 4 39 47 8
プラスチック製容器包装 112 108 ▲4 100 98 ▲2 85 79 ▲6

3. 入札倍率(札数ベース)

  札数ベース
平成21年度 平成22年度 増減
ガラスびん 1.9 1.9 0.0
   無色 1.4 1.4 0.0
   茶色 1.6 1.8 0.2
   その他の色 2.4 2.4 0.0
PETボトル 8.1 9.2 1.1
紙製容器包装 2.9 3.0 0.1
プラスチック製容器包装 14.0 12.8 ▲1.2

4. 落札単価 (加重平均) ※1

(円/トン)

  平成21年度 平成22年度 増減
ガラスびん 5,059 5,036 ▲23
   無色 3,870 4,066 196
   茶色 4,525 4,484 ▲41
   その他の色 6,736 6,570 ▲166
PETボトル  ※2 ▲4,166 ▲21,973 ▲17,807
紙製容器包装  ※2 2,931 ▲631 ▲3,562
プラスチック製容器包装全般 62,751 57,347 ▲5,404
   材料リサイクル(白色トレイ) ※3 19,743 23,501 3,758
   プラスチック ※4 62,814 57,396 ▲5,418
      材料リサイクル(白色トレイ以外) 77,725 74,498 ▲3,227
      油化 61,446 70,372 8,926
      高炉還元剤化 36,939 38,667 1,728
      コークス炉化学原料化 45,334 38,814 ▲6,520
      合成ガス化 38,930 36,959 ▲1,971
      (ケミカルリサイクル全体) 43,334 38,646 ▲4,688

※1 落札単価は3月31日の契約時点のもの
※2 PETボトルおよび紙製容器包装における落札価格のマイナス表示は、有償(再商品化事業者から容リ協会への支払)を意味します。上表では逆有償分も含めた加重平均単価が表示されています。
※3 白色トレイ: 食品用白色発泡性スチロールトレイ
※4 プラスチック: 白色トレイ(食品用白色発泡性スチロールトレイ)を除くプラスチック製容器包装

(参考)PETボトルの落札単価<加重平均>、市町村分別収集実績量、協会引取実績量の推移

グラフ:PETボトルの市町村分別収集実績量、協会引取実績量、落札単価<加重平均>の推移

5. 再商品化手法別契約量と構成比

  平成21年度(トン) 構成比(%) 平成22年度(トン) 構成比(%) 増減(ポイント)
ガラスびん 349,053 - 356,580 - -
   無色 108,086 100.0 112,113 100.0 -
      びん原料 106,072 98.1 110,618 98.7 0.6
      その他 2,014 1.9 1,495 1.3 ▲0.6
   茶色 124,710 100.0 127,573 100.0 -
      びん原料 114,867 92.1 123,417 96.7 4.6
      その他 9,843 7.9 4,156 3.3 ▲4.6
   その他の色 116,257 100.0 116,894 100.0 -
      びん原料 35,497 30.5 33,888 29.0 ▲1.5
      その他 80,760 69.5 83,006 71.0 1.5
PETボトル 203,508 100.0 201,330 100.0 -
      フレーク・ペレット 203,508 100.0 190,887 94.8 ▲5.2
      ポリエステル原料 0 0 10,443 5.2 5.2
紙製容器包装 (注)参照 28,386 - 32,348 - -
プラスチック製容器包装 680,020 - 673,149 - -
   材料リサイクル(白色トレイ) 996 - 968 - -
   プラスチック 679,023 100.0 672,181 100.0 -
      材料リサイクル(白色トレイ以外) 384,598 56.6 351,544 52.3 ▲4.3
      油化 14,000 2.1 3,447 0.5 ▲1.6
      高炉還元剤化 38,110 5.6 31,971 4.8 ▲0.8
      コークス炉化学原料化 165,090 24.3 200,022 29.8 5.5
      合成ガス化 77,225 11.4 85,197 12.7 1.3

(注) 紙製容器包装について
市町村から引き取った紙製容器包装はその品質に応じて、製紙原料化、製紙原料以外の材料リサイクル化、固形燃料化する。手法の組み合わせにより再商品化を行うので、契約時では再商品化手法別の内訳を示すことはできません。
なお、平成21年度においては、再商品化全量24,750トンのうち、製紙原料化されたもの22,733トン(91.8%)、製紙原料以外の材料リサイクル(敷料)化されたもの264トン(1.1%)、固形燃料化されたもの1,753トン(7.1%)の見込みです。

(参考)プラスチック製容器包装の再商品化手法別落札量構成比の推移

グラフ:プラスチック製容器包装の再商品化手法別落札量構成比の推移

6. 再商品化事業者ごとの落札数量(総量)リスト

素材ごとにPDFファイルにまとめました。確認したい素材をクリックしてください。
※事業者名は、平成22年度契約事業者リストの順です。

以上

PAGE TOP