News&Topics

  •  

平成30年5月18日

平成29年度分の有償収入分を市町村に拠出

平成30年5月18日

 当協会は平成29年度分のPETボトル、紙製容器包装およびガラスびん(無色、茶色)の有償入札に係る収入、総額約81億5千万円を市町村に拠出しました。
 PETボトル、紙製容器包装およびガラスびん(無色、茶色)につきましては、平成29年度有償入札(再商品化事業者が当協会に料金を支払う)に伴う収入が発生したため、その収入を市町村へ拠出しております。これは、その資金の性格を踏まえ、入札において有償となった特定分別基準適合物を当協会に引渡した各市町村・一部事務組合に対して、それぞれの落札価格に応じて拠出することが適切との所管省庁の見解に沿ったものであり、下記の拠出手続きにより、市町村へ拠出しております。
 なお、市町村別の配分明細について6月上旬を目途に掲載する予定です。

1. 29年度分拠出時期、拠出総額

 有償入札に係る実収入額(現金入金確定額)から、当該収入に含まれる消費税相当額を控除した金額の全国合計額です。

(1)30年3月拠出(支払)   29年4月~30年2月の収入発生分
   拠出額:約74億6千万円
 内訳 :ガラスびん(無色):約9万6千円、ガラスびん(茶色):約3万5千円、PETボトル:約72億5千万円、紙製容器包装:約2億1千万円

(2)30年5月拠出(支払) 30年3月の収入発生分
 拠出額:約6億7千万円
 内訳 :ガラスびん(無色):約1万円、ガラスびん(茶色):約4千円、PETボトル:約6億7千万円、紙製容器包装:1千8百万円

(単位:円)

2. 個別市町村(一部事務組合を含む)への拠出額

(1) 素材(PETボトル、紙製容器包装、ガラスびん(無色、茶色))ごとに、年度期初契約委託単価が有償である市町村を対象として、各支払時の拠出対象金額の発生期間ごとに、次の計算により算出した金額を拠出(支払)します。

〔個別市町村への拠出額〕
             個別市町村の「年度期初契約委託単価×協会引取量」
 = 拠出金額 × ―――――――――――――――――――――――――――
             各市町村の「年度期初契約委託単価×協会引取量」の全国計
 
                 - 振込み手数料(各素材分を一括して振込みます)
 


上記計算結果がマイナス(振込み手数料が按分配分額より大)となった場合は、当該市町村への拠出(支払)は行いません。

(※)PETボトルについては、上期分と下期分で契約委託単価が異なることから、下記の計算により算出した金額を拠出(支払)します。

(2) 一部事務組合からの引取分に関しては、一部事務組合を拠出先として拠出(支払)を行います。


(参考)http://www.jcpra.or.jp/municipality/tabid/884/index.php#Tab884

以上

PAGE TOP