News&Topics

  •  

平成29年2月22日

平成29年度プラ材料リサイクル製品品質測定結果

平成29年度のプラスチック製容器包装再商品化事業へ向けての入札選定においても、材料リサイクルによる再商品化製品が一定の品質基準を満たす再生処理事業者施設が優先されることとなりました。この優先判断基準となる各社の品質測定結果を以下に公表します。
 
(表の脚注に優先基準明記)
 
なお、本測定結果とこれに基づく「材料リサイクル優先施設の決定」については、平成28年12月5日、特別監査人(日本弁護士連合会推薦の弁護士)による監査が実施され、規定通り適正に運用されていることが以下のとおり証明されました。
  1. 試験機関から測定に対する試験完了報告書(協会と試験機関が締結した覚書に基づく信頼性が確保されていることを証明する書類)が発行されていること
  2. 各評価値(測定値の平均値の算定等)が公正に得られていること
  3. 優先/非優先が、上記1.2.に基づき適正に判定されていること
以上

PAGE TOP