News&Topics

  •  

平成28年6月09日

容リ制度の施行状況の評価・検討について-産構審・中環審が報告書とりまとめ

経済産業省・環境省では5月31日、容リ制度に関する第18回合同会合(※)を開催し、「容器包装リサイクル制度の施行状況の評価・検討に関する報告書」をとりまとめました。
 
※合同会合=産業構造審議会産業技術環境分科会廃棄物・リサイクル小委員会容器包装リサイクルワーキンググループ及び中央環境審議会循環型社会部会容器包装の3R推進に関する小委員会 合同会合
 
容リ制度の施行状況の評価・検討については、同合同会合において平成25年9月から審議が行われ、本年3月にそれまでの議論を踏まえ報告書(案)を作成。パブリックコメント手続き(4月4日から同年5月6日まで実施)を経て今般とりまとめられたもの。第18回合同会合では報告書について了承を得たほか、今後の対応について検討されました。
 
詳細は以下ホームページをご覧ください。
 
産業構造審議会産業技術環境分科会廃棄物・リサイクル小委員会容器包装リサイクルワーキンググループ(第21回) 中央環境審議会循環型社会部会容器包装の3R推進に関する小委員会(第18回)第18回合同会合 配布資料
http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/sangyougijutsu/haiki_recycle/yoki_houso/021_haifu.html
以上

PAGE TOP